~ アークテリクスとゴア テックス の研究と技術 の 進化~

ALPHA SV JACKET
【2020年10月02日】
top

 業界の常識を再定義した技術革新と製品によって、アウトドアプロダクトの進化をリードしてきたアークテリクス。1998年にアークテリクスブランド初のハードシェルとして約3年の開発期間を経て完成させた『ALPHA SV JACKET(アルファSVジャケット)』。高い性能を持つGORE-TEXファブリクスを使用し、優れたフィット構造と、細部のディテールまでも拘りぬいた無駄のないデザインの革新的なハードシェルがこの度、GORE-TEXとともに進化を遂げました。9世代目となる新たな『ALPHA SV JACKET』を全国のアークテリクス直営店及び正規取扱店にて販売を開始したことをご報告させていただきます。

■FW20『ALPHA SV JACKET』の進化
yellow

新たな進化の大きな ポイント は メイン素材の耐久性の向上 、 特に 汗や皮脂の油 に対する耐久性。
アークテリクス はこの皮脂汚れによる剥離への耐久性の向上について、ゴア社に リクエスト をしていました。
そして、 ゴア社の開発チーム の持つ長年の経験や、やしなわれてきたノウハウ に よる研究により、このリクエストの具現化 となる GORE-TEX PRO most rugged technology が誕生しました。
■GOR-TEX PRO most rugged technology(ゴアテックス モスト ラギット テクノロジー)
~ 究極の耐久性と徹底的に追求した快適さ ~

*新たな製造工程を採用したメンブレン 。              
*耐久性と疎油性が更に向上し、最も長持ちする極めて丈夫なメンブレン。
「What is GORE-TEX PRO?」


表生地には、耐久性を追求しアークテリクスが素材メーカーと共同開発した N100p-Xを使用。この N100p-Xはアークテリクスブランドが使用する表生地で最も丈夫なハードシェル表生地。優れた耐摩耗性、引き裂き強度等アウトドアのシビアな環境下で最高のパフォーマンスを発揮します。
更に、ゴア社が特許を保有するマイクログリッドバッカー には 、 アークテリクスが FW19より一部 の仕様素材 に採用した 消費電力、 CO²排出量、水の使用量を大幅に削減するなど、環境へのインパクトを抑える効果があ る“ ドープダイプロセス を採用 。 耐光堅牢度 が 向上 し 、ソフトな着心地を提供します。 また、 メンブレンを内部 の 摩耗から も保護 します 。

~『ALPHA SV JACKE』 誕生 ストーリー~


1989年 クライミングギアを製造販売するロックソリッドというガレージブランドとして誕生。
1991年 社名を現在のアークテリクスに変更。
1992年 熱成型3D フォームを採用したVapor Harnessを発売(1991年発表)
1994年 ブランド初のバックパックであるBora Backpack を発売。
1995年頃 自分達自身が使いたい防水透湿アウターウェアの開発を開始。

story

     当時のアウトドアブランドの防水透湿アウターウェアは、どのブランドも大きなフラップ付きのポケットがあり、
     着用した時のフィット感は優れず、動きにくい物がほとんどでした。
     そこで、アークテリクスでは実際のフィールドで使い勝手を優先するにはどのような物が良いかとゼロベースから開発を始めます。
     そして、このアウターウェアの開発の中で、ゴア社とのパートナーシップが始まり、YKKとの共同開発が始まりました。

開発開始から約3年後の、
1998年 ゴア社と共同開発した“GORE-TEX XCR Extended Comfort Range”素材と、YKK
    との共同開発品の“ウォータータイト™ジッパー” (初期モデルはポケットのみ)
    を採用した、ブランド初の防水透湿アウターウェア『ALPHA SV JACKE』を発売。
story2

     当時のアウトドア業界の常識を覆す機能を備えた仕様と革命的なデザインの『ALPHA SV JACKET』の存在は、
     アウトドア業界のみならずアパレル業界全体に衝撃を与え、業界を大きく変化させるきっかけとなりました。

~『ALPHA SV JACKET』デザインの拘り ~

アークテリクスの製品は“デザイン・フロム・スクラッチ”全てを、まずゼロベースから考えるという思想の元に作られています。今回の防水透湿アウターウェアの開発中での最大の課題は、“アウトドアでの実際のシビアな環境下にて、ギアとしての使い勝手を優先するにはどのような物が良いか“
大きなフラップ付きのポケットは、ファスナーからの水の侵入を防ぐための採用でした。操作性は悪く、実際のフィールドでは活動の妨げとなり、
最大の改善ポイント。そして、このポケットに対する改善アイディアは意外にもデザイナーの日常で誕生したのです。
フライフィッシングが趣味であるデザイナーがハンドメイドのビビィで宿泊していた時、上部についた開閉用のファスナーから水が垂れてきました。
何とか水が漏れないようにしたいと、工場に行きコイルファスナーの裏の面にシリコンを塗り再度使用、すると水漏れは、ほぼ無くなったのです。
そこでデザイナーは、このアイディアをYKK に持ち込みました。最初は難色を示したYKKもデザイナーの熱意と製品の将来性を見込んで開発。
そして誕生したのは、止水ファスナー“ウォータータイト™ジッパー”です。
使用するメイン素材について、社内で何度もの試験、その結果の検証を繰り返し行いました。その結果、1976年よりアウトドア業界で使用されていた、最も耐久性と防水透湿性のバランスに優れたGORE-TEXを使用したいという答えを出し、“革新的な製品を作りたい”というデザイナーの思いをゴア社に持ち込んだのです。当時まだまだ小さいブランドだったアークテリクス。しかし、ゴア社の開発チームは快くその思いを採用してくれたのです。そして、たゆまぬ努力と大いなる情熱をもって新たなテクノロジーとソリューションを生み出す開発チームの試行錯誤により、誕生した素材が
“GORE-TEX XCR Extended Comfort Range”です。

「この開発をきっかけにゴア社とのパートナーシップが始まり、
         現在も信頼できるパートナーとして知識の交換を行い、製造過程のイノベーションや原材料の開発につながっています。」



その他、実際のフィールドで使用した時の着心地に拘った細かいディテールにより、トリム(付属)類やカラー等あらゆる面に拘りぬいて開発された、
『ALPHA SV JACKET』が誕生しました。そのこだわりは、一度フィールドで使用していただければ実感いただけると思います。

『ALPHA SV JACKET』は誕生から9世代を迎える今まで、GORE-TEXファブリクスの進化、製品としての透湿を高め、着心地を向上させるナローシームテープの採用。RSジッパースライダーの誕生、機能・デザイン・トリム(付属)類・フィット等数多くの進化を遂げてきました。コンセプトを変えることなく進化をし続ける理由は、“耐久性に優れ、使用感が良いように細部までも拘ることで、愛着を持って長きに渡り大切に使用してもらえる”というブランドの考えからです。



KEY FEATURE                                                      
key


ALPHA SV JACKET MEN’S                                               ¥100,000+Tax
mends4



ALPHA SV JACKET WOMEN’S                                              ¥95,000+Tax
womens


≪ Campaign開催のご案内 ≫
GORE-TEX PROが新たな進化を遂げるFW2020 シーズン、アメア スポーツ ジャパン株式会社 アークテリクスと
ゴア社共同で主催いたします ”アークテリクス|ゴアテックス キャンペーン”を2020年10月2日(金)より開始いたします。

■キャンペーン概要■

≪ ARC"TERYX|GORE-TEX Presents "Evolution in Action" Campaign ≫

正規販売店(一部を除く)及び、弊社直営店・公式オンラインストアにてSS20 | FW20シーズンのアークテリクス GORE-TEX Black tagアパレル製品を購入の方にご購入いただいたお客様を対象とし、
応募フォームよりお申し込みいただいた方、先着400名様に
GORE-TEX ファブリクスにバードロゴの刺繍が入った“オリジナルポーチ”を進呈いたします。

≪ ARC"TERYXインスタグラム フォトコンテスト "Build & Inspire” ≫
期間中、ARC"TERYX製品(製品のシーズンや、シーンは問わず)を身に着けているお気に入りの写真や動画を
個人のアカウントより指定のハッシュタグにて投稿していただいた方を対象とした、Instagram投稿フォトコンテスト。
コンテストの賞品は、「Alpha SV Jacket」1名様等、他3賞の合計4名様を予定しております。
発表は、2020年11月15日(日)にYoutube Live Event配信にて行う予定となります。

キャンペーンWEBページ

【 お問合せ 】
アークテリクス コールセンター 03-6631-0833 

【報道関係様からの問合せ先】
株式会社 凛 担当:野村,船山
03-3407-3488 / press@lihn.net